• 脱毛時の禁止事項

    レーザー脱毛、フラッシュ脱毛を行う際の注意点を今回は紹介していきます。正しい脱毛法を理解しておかないと、いざお店に行った際に施術を拒否される可能性があります。

    まずフラッシュ脱毛、レーザー脱毛を行う際に行ってはならないことが日焼けです。これらの脱毛法はメラニン色素に反応して脱毛を行う為、体全体に色素があるとどの部分でも光を吸収してしまいます。体がこの光を吸収することは、本来体に良くないので、日焼けした体での脱毛は禁止されています。

    また、上記理由と同じようにタトゥー箇所の脱毛も禁止されています。もしも、タトゥーをしているという方は事前に担当の人に話しておく必要があります。また、毛抜きで毛根ごと毛を抜くことは脱毛前においては推奨されていません。

    毛根ごと抜いてしまうとレーザー光が吸収されず、脱毛効果を得ることができません。脱毛前には毛を剃るように指示されるケースが多くなりますが、抜かずにきちんと剃るようにしましょう。逆に毛を剃らないでの脱毛は効率の悪さから行っていません。場合によってはお店で毛を剃ると追加料金がかかる場所もありますので、注意が必要になります。

    そのほか注意することに関しては、実際にお店の人から説明があると思います。どのサロン、クリニックでも事前にカウンセリングを行うので、そこで注意点や不安なことをすべて話しておくことが大切です。脱毛はすべての不安を取り除いて望むことが必要とされます。