• 脱毛は成長期の毛にしか効果がない

    脱毛の施術を行った経験がある方はわかると思いますが、脱毛の施術は一般的に複数回行い、かつ一定期間を空けて行います。

    これは人間の毛周期と大きな関係があります。毛周期とは人間の毛が成長していくサイクルのことで、成長期、退行期、休止期の3つがあります。成長期に毛は強くて太く成長していき、退行期になると成長が止まり、毛根付近が小さくなっていきます。休止期になると毛が抜けるようになります。

    クリニックで行われるレーザー脱毛またはフラッシュ脱毛は毛に含まれるメラニンに反応する光を照射することで脱毛させます。しかし、この光は成長期の毛にしか効果を与えることができます。仮に脱毛の施術を1度行ったとしても、同じ部位には成長期、退行期、休止期の毛がそれぞれ存在します。

    この中の成長期の毛にしか効果を与えることができない為、退行期、休止期の毛は必然的に脱毛処理ができないことになります。つまり、これらの毛を脱毛するためには成長期へ戻るまで待たなければならないことになります。そのため、複数回の施術が必要になり、次の施術まで間隔を空ける必要性が生じます。

    現状生えている毛がどの周期に属しているかは判別することが難しくなっているため、多くのクリニックで最低でも2か月ほどの間隔を空けて次回の施術を行うようにしています。脱毛は複数回の施術と長い期間が必要になります。施術を行う際は余裕を持ったスケジュールが必要になります。