• 永久脱毛は本当に永久に脱毛できるか

    脱毛サロンやクリニックの文言で永久脱毛という言葉をよく目にします。それでは永久脱毛は本当に永久に毛が生えてこないのでしょうか。

    厳密にいえば、永久に生えてこないのかと問われればノーということになります。永久脱毛にはきちんとした定義があり、「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下」ということになっています。つまり、20以下の毛は大阪の永久脱毛を行っても再生する可能性があります。

    長い年月を経て毛が再生する可能性はありますので、長期の保証制度があるクリニックなどは、一定期間の間、再度施術を受けることが可能となっています。脱毛率にこだわるのであれば針脱毛を行うのも一つの手です。針脱毛は毛穴の一つ一つに電気的な刺激を与えた針を刺していきます。これによってすべての毛を脱毛することが可能です。

    レーザー脱毛、フラッシュ脱毛と比較しても高い脱毛率を誇っており、かつては主流になっていた脱毛法です。時代の流れとともにレーザー脱毛へと移行したのは、患者への負担が大きいためです。針脱毛は毛穴一つ一つに施術を行う為、レーザー脱毛と比較してかなりの時間がかかるということに加えて、痛みを長い時間耐えなければならないというデメリットがあります。総合的な効率を見ると、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の方が圧倒的によいことから、現代ではレーザー脱毛が主流となっています。永久脱毛はあくまで短期的な半永久脱毛と考えたほうがよいかもしれません。